富久こどもハート・アレルギークリニック 小児科・アレルギー科・小児循環器内科

bnr_head

突発性発疹症

「突発は2回罹ることあり」

突発性発疹症(略して、“突発”)は発熱が3日間あり、解熱後に発疹がでる、のど風邪の一種です。生後6か月から1歳前後でかかること多く、生まれて初めての発熱の時に、実は突発という事が多いです。時に、下痢したり、痙攣したりすることもありますが、高熱のわりに、元気であることが多いです。

解熱してから発疹が顔と体幹にでて初めて診断できるため、経過を診てからの判断になります。なぜだか分かっておりませんが、発熱時よりは、解熱後の発疹がでている時の方がすこぶる不機嫌です。3-5日で発疹がひいていくまでの辛抱です。

突発の原因のウィルスは2種類いますので、1回のみではなく、2回までは罹ることがあります。また、罹ったことがなければ、年長さんや小学生でも罹ることがあります。
お問合せはTEL: 03-5362-1810
logo